2021年度特別賞

江面 浩1,2、高山 真理子1,2、野中 聡子1、住吉 美奈子2、竹下 達夫2

1筑波大学、2サナテックシード株式会社

「GABA高蓄積ゲノム編集トマトの開発と社会実装体制の確立」

γ-アミノ酪酸(GABA)に着目し、 CRIPSPR/Cas9を活用して,トマトのGABA高蓄積化技術を開発した。大学発ベンチャー企業を設立し、実用品種の高GABA化にも成功し、2020年12月11日に国への届出を完了した。2021年5月より、苗の提供を開始した。本トマトの社会実装の開始は、CRISPR/Cas9を利用したゲノム編集農作物としては世界第1号の事例となり、内外で大きな反響を呼んでいる。

詳細はこちらから