TECHNOLOGY 植物バイオテクノロジー

本会の立場

1. 遺伝子組換え技術に関する本会の立場

遺伝子組換え技術は、植物の基礎研究の多様な局面において必要不可欠な技術です。また、遺伝 子組換え作物はすでに世界中で大規模に栽培され、日本も大量に輸入・消費しています。さらに、 新たな遺伝子組換え植物の開発は、人類の生活を豊かにし、環境問題の解決にも貢献する可能性 があります。本学会は、遺伝子組み換え植物の安全性に十分配慮しつつ、この技術の発展と普及 を支援します。

遺伝子組換え植物に関する詳細はこちら

 

2. 新植物育種技術に関する本会の立場

本学会はゲノム編集をはじめとする新植物育種技術が基礎研究も含め社会への貢献が期待されることから、この技術の発展と普及を支援します。また、安全性が十分に配慮され国内あるいは国 際的に調和の取れた規制のあり方が望ましいと考え、その枠組み作りに協力します。さらに、この技術に関する社会への情報提供に努めます。
新植物育種技術の概要については、日本学術会議の報告をご覧ください。

ゲノム編集をはじめとする新植物育種技術の詳細はこちら

 

社会活動

1. 市民公開シンポジウムの開催

植物科学、特に植物バイオテクノロジーの持つ社会的意義と役割についての理解を深めていただくために、一般の方々を対象とした市民公開シンポジウムをほぼ毎年開催しています。

2. 意見書や提言の提出